プロペシアのジェネリック版のおすすめがあるって本当?

プロペシアのジェネリック版のおすすめなら、効果は同じで価格は1/3のフィンペシアを!



AGA予防 フィンペシア1r 2箱 6か月分200錠【代引き不可】【美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Bluelagoon】

 

プロペシアのジェネリック版なら効果が同じで圧倒的に安い!

 

男性型脱毛症の治療薬として、画期的な効果を発揮しているプロペシアですが、問題は

 

値段が高い!

 

 

 

プロペシア単体では販売されておらず、クリニックで処方されるしか、手に入れる方法はありません。

 

そして、クリニックにもよりますが、高いところでは1粒が300円換算のところも!

 

 

プロペシア 価格

 

 

1粒だと1日しか効果がありませんから、最低でもひと月に9000円くらいは覚悟する必要がありますね。

 

 

 

では、プロペシアと効果が同じの「ジェネリック薬」だとどうなるか?

 

プロペシアのジェネリック薬には、「フィンペシア」という薬が存在します。

 

 

 

フィンペシアなら、ひと月3850円!

 

 

プロペシアの半額以下という圧倒的な安さで、プロペシアと効果が同じ”抜け毛防止薬”を手に入れる事ができるのです。

 

 

 

 

クリニックではなぜプロペシアを使いたがるのか

 

プロペシアは、まだ新しい薬のため特許が生きています。

 

だから高価なのですが、患者としてはなるべくなら安いジェネリックを使いたいとことでしょう。

 

 

 

しかし、クリニック側としては、いくつかの理由から特許が生きている、新しい薬を使いたがるものです。

 

それは、

 

新しい薬のほうが安全性が確保されている

 

薬は日々進化しています。
前のモデルの薬での臨床試験などを、繰り返し検証し、新しい成分を入れたり、少しでも副作用のような症状が多ければ、その成分を取り除いたりと試行錯誤の上に出来上がります。

 

また、時代と共に一般販売で使える有効成分が国に認められたりする場合もあり、それらを積極的に使うことで、前モデルとの差別化をはかることもできます。

 

そういった様々な新しい技術の導入が、”安全性が高い”と思われる理由の一つでしょう。

 

 

製薬会社からのセールス

 

製薬会社としては、ドクターに新薬を紹介するだけでなく、その新薬を使ってもらい、データを取ってそのデータを新しい薬の開発に活かしたいと思っています。

 

ドクターが患者に新薬を使ってくれない人だと、製薬会社としてはそのドクターに新薬を紹介するメリットがなくなります。
病院側も、製薬会社とのビジネス関係があるので、言葉は悪いですが、患者を使って製薬会社の臨床試験に協力している、ということも言えるわけです。

 

 

病院も高価な薬のほうが儲かる

 

病院は慈善事業ではなく、れっきとしたビジネス・商売をしているわけです。
利益がなくなって病院が潰れてしまうと、最終的に困るのは患者の側ですし、そのあたりはドクターも、シビアな経営手腕も備えておかなければならないのです

 

高価な新しい薬は、利益も大きいですから、患者側が求めない限りは、特許の切れた安いジェネリックはおすすめしない、と言えるでしょう。

 

ただ、それは儲かるからという理由だけでなく、やはり新薬のほうが安全性は高いはずだという意識が、ドクター側にもあるからなのです。
病院は、もちろん利益も大切ですが、利益だけで新薬をすすめているわけではなく、やはり一番は患者の事を考えているからこそ、なるべく高い安全性を維持しようしている事を、理解しておかないといけません。

 

 

フィンペシアはすでに安全性・実績が実証されている抜け毛防止薬

 

男性型脱毛症(AGA)に対しての、フィンペシアの実績と信頼性は高く、多くの人が再び髪の毛をフサフサにして幸せを手にしています。

 

確かにプロペシアは、最新の抜け毛防止薬ですが、中身はほぼフィンペシアと同じです。

 

 

また、プロペシアは新しい薬であるために臨床の数が少なく、安全性に関してはフィンペシアの方が評価が高い、と言えるでしょう。

 

もちろん、薬の中身はほとんど一緒なので、プロペシアも安全性に関しては問題なしと思っていいですが、それなら圧倒的に安く手に入るジェネリック版のフィンペシアをおすすめします。

 

 

 

フィンペシアの抜け毛防止メカニズム

 

フィンペシアの主成分であるフィナステリドは、元々は前立腺がんなどの治療に使われていました。

 

が、患者が高い確率で”毛髪が濃くなる”という現象などが確認されたため、AGAの治療に使えるのではないか、と研究が始まったわけです。

 

 

フィナステリドは、24時間肝臓にとどまり続けて、髪の毛が抜けてしまうシステムを妨害し続けてくれます。

 

薄毛が気になりだしたら、5年以内にフィンペシアを服用し始めると、高確率で髪の毛は再び生成されます。

 

すでに毛生え薬は完成している、と言っても過言ではないでしょう。

 

 

 

髪の毛が再生していると実感できるのは、約半年くらい服用を続けてからというのが一般的。
髪の毛が寂しくなってから、早く服用を始めるほど、元通りのフサフサな髪の毛が戻る確立は高いと言われています。

 

少しでも薄毛が気になったら、毛根がまだ残っている間に、早めのフィンペシア服用を始めることが大切です。

 



AGA予防 フィンペシア1r 2箱 6か月分200錠【代引き不可】【美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Bluelagoon】