リンス・コンディショナーの正しい使い方

リンス・コンディショナー 地肌 シャンプー・コンディショナー

シャンプーをした後、リンス・コンディショナーなどを使う人も多いだろう。

ただ、使い方が間違っている人が多い。

正しいリンス・コンディショナーの使い方を知っておこう。

リンス・コンディショナー 地肌

リンス・コンディショナーは髪をコーティングするもの

シャンプーは、基本的には頭皮の皮脂汚れなどを洗い流すものだ。

しかしリンス・コンディショナーは、髪の毛(特に毛先)をコーティングして保護するものだ。

したがって、

リンス・コンディショナーは頭皮には付けないのが基本だ。

頭皮までコーティングする必要はないのだ。

 

ただ、付いてしまったものは仕方がないし、リンス・コンディショナーが頭皮についてしまったからといって、それがすぐにでも薄毛の原因となるわけではないだろう。

とはいえ、極力頭皮には付けないよう心がけよう。

短髪の人は毛先が傷む事はない。リンス・コンディショナーは必要ない。

 

リンス・コンディショナーを頭皮に付けてはいけない理由

それは、髪の毛をコーティングする成分であるシリコン等が入っているから。

 

シャンプーにはノンシリコンが多いが、リンス・コンディショナーにはノンシリコンというのはほとんどない。

ノンシリコン リンス コンディショナー トリートメント

シリコンは特に人体に危険なものではないのだが、万全を期するためにメーカーが、頭皮を洗うシャンプーに限ってはノンシリコンというジャンルを流行らせた。

しかし、リンス・コンディショナーに関しては、ノンシリコンだとコーティングが難しくなる。

だからリンス・コンディショナーにはシリコンが入っている。

 

シリコン等が頭皮に付くことで、毛穴をふさいでしまう危険もあるため、リンス・コンディショナーはなるべく頭皮に付けないようにしよう。

もちろん、多少付いたくらいの事では毛穴までふさぐ事はないので、しっかりと洗い流せば大丈夫だ。

だが、あえて危険を冒す事はない。

 

たっぷりのお湯で洗い流す事が大切

シャンプーもそうだが、リンス・コンディショナーも使った後はたっぷりのお湯で洗い流す事が大切だ。

成分が頭皮や髪に残ると、頭皮に炎症をおこしてかゆみが出たり、髪の毛が逆に傷んだりする事がある。

 

そもそも、リンス・コンディショナーは

毛先数センチにしか必要ない。

リンス コンディショナー 毛先

毛先は発毛してから期間が長いため、傷みやすい。だからコーティングで保護するのがリンス・コンディショナーの役目。

ただ、男性の場合はロン毛の人以外は、特に必要はないだろう。

シャンプーだけで十分だ。

 

使うのであれば、

・頭皮にはなるべく付けない事

・たっぷりのお湯で洗い流す事

この2つに気を付けよう。

 

SIMFORTスパークリングスカルプシャンプー


 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました