頭皮マッサージこそ薄毛にならない最重要の手段である

頭皮マッサージ 朝昼晩 薄毛を克服する!

薄毛になる、ならない、この差は

薄毛になる原因は大きく分ければたったの2つだ

で説明したとおり、遺伝はかなり大きなウェイトを占めている。

 

だからといってあきらめる事は全くない。

私は「隔世遺伝」という強敵に勝った男だからだ。

隔世遺伝 薄毛 ハゲ

重要なのは頭皮に血液を回す事

頭皮というのは、頭のてっぺんにある。

つまり、

心臓よりも高い位置にあるため頭皮は常に貧血状態

なのだ。

 

だったら強制的に、頭皮に血液を循環させれば良い。

 

頭皮マッサージはいつやるか

頭皮マッサージ 朝昼晩

私は朝起きてすぐ、昼間のヒマな時に、夜寝る前にと1日に3回頭皮マッサージを行ってきた。

時間にして、1分~2分だ。

頭皮全体を、グイグイと動かしてやるのだ。

 

1分もやっていれば、頭皮全体がポカポカと暖かくなってくる。

血流が回ってきた証拠だ。

 

そして念じる。

「血液ヨ、毛根に栄養を与えよ!もっと、もっと、栄養を!」

まあ、念じようが念じまいが結果は同じかもしれないが、気持ちの問題だ。

気は心、病は気から。

 

薄毛は病ではないが、そう思いながら頭皮マッサージをすることで、1分が2分に、2分が3分にと長くやってみようという気が起きる。

頭皮マッサージはぜひ、最低でも1日3回は行うべし。

 

頭皮マッサージの注意点

頭皮マッサージをする時の注意点を説明しよう。

まず耳の前側、もみあげ部分をこめかみにかけて、下から上に血液を流すように押し上げる。

 

ここには比較的太い血管があるので、まずはこの血管を使って血液が流れるようにイメージしながら行う。

そして頭皮マッサージをするのだが、基本的には下から上に頭皮を上げる、を繰り返してみよう。

その時に、髪の毛同士が摩擦で切れないように気を付けなければならない。

優しく、かつ大胆に頭皮全体をグイグイと動かしていこう。

 

ポカポカと暖かくなり、かゆみが出てくる時もあるだろう。

それは頭皮に血流が回っているからだ。

そしてその感覚に喜びを感じよう。

 

ヒマさえあれば頭皮を動かそう

信号待ちで行う頭皮マッサージ

私は朝・昼・晩と3回、これはノルマのようにして行っていたが、別にそれ以外の時間帯でマッサージするのはもちろんアリだ。

ヒマな時には頭皮を動かす、これが毛根に栄養を与えるためには必要だ。

 

私の場合、トラック乗りなので信号待ちで頭皮を動かしていた。

習慣になれば、信号待ちになれば頭をグイグイやってた。

理想を言えば、24時間常に頭皮に血流を送り込む事だろうが、そこまではさすがに無理なので、とにかくヒマな時にボ~っとしているのはもったいない。

頭皮をマッサージしよう。

 

育毛剤や養毛剤は基本的に何でもよい

育毛剤 どれがいい

もちろん、育毛剤や養毛剤といったものを使うのはアリだ。

単に頭皮マッサージだけをするよりも、頭皮マッサージの効果をさらに後押ししてくれる成分がたくさん入っている。

どの育毛剤がおすすめかはわからない。

 

私もいろいろ使ってきたが、結局は頭皮マッサージが重要なのであって、育毛剤などはあくまでも縁の下の力持ちとして使うだけだ。

 

ただ、できればミノキシジルが入ったものを選ぶのがおすすめかもしれない。

なぜなら、ミノキシジルは世界で(そして日本で)唯一、発毛促進剤として認められている成分だからだ。

日本ではリアップシリーズが、ミノキシジルが最大の5%入っているのでかなり有効だと思われる。

忘れて欲しくないのは、育毛剤が重要なのではなく、頭皮マッサージが最重要なのだということである。

 

チャップアップ(CHAPUP)


コメント

タイトルとURLをコピーしました