薄毛改善に亜鉛サプリを飲むとどんな効果や副作用があるのか?

亜鉛サプリ 薄毛改善

亜鉛サプリは薄毛改善に効果があるか?

 

薄毛改善には亜鉛サプリが良いって聞くが、薄毛に亜鉛サプリ飲んで効果はあるの?

 

薄毛改善に亜鉛サプリを飲んで効果があるのか?

答えとしては、半分は正しいが、薄毛改善はそれだけではない。

薄毛改善には亜鉛サプリと、やみくもに信じるのは危険である。

 

薄毛改善に亜鉛サプリが良いと言われるのはなぜか?

髪の毛 亜鉛

亜鉛は、細胞分裂を正常に行って新しい細胞を作ったり、たんぱく質を合成したりするのに必要な栄養素だ。

髪の毛だけでなく、人間の体の成長にも大きく関わっている。

テレビなどで発展途上国の子供たちが、細くて体が小さく、きちんと発育していないのを見た事があるだろう。

たんぱく質に加え、亜鉛不足が原因で体の成長に支障をきたしているのだ。

 

日本ではたんぱく質が不足する事はほぼない。

が、日本人は亜鉛不足と言われている。

 

髪の毛はたんぱく質からできているので、亜鉛が不足すると他の細胞と同じく、髪の毛も作る事ができなくなる。

だから亜鉛は薄毛改善に役立つ、と言われている。

 

亜鉛不足になると薄毛になるのか?

亜鉛不足 薄毛の原因

答え:なる。

前述の通り、

亜鉛は細胞分裂や新しい細胞作成に深く関わっている。

 

どんなに髪の毛の元となるたんぱく質を摂取しても、亜鉛が不足していればたんぱく質は合成できない。

 

亜鉛不足に陥ると、体はまず生命維持を最優先するため、生命に関わる臓器の生産を優先することとなる。

生命維持に深く関係しない髪の毛は一番後回しとなり、それによって薄毛が進行する要因となる。

 

原料をたくさん仕入れても、人手不足で製品作りが間に合わない工場が、とりあえず会社の延命を図ることができる製品を優先して生産するのと同じである。

 

亜鉛サプリを薄毛改善に飲むなら摂取量はどれくらいが妥当か?

薄毛 亜鉛 効果

 

亜鉛不足の日本人が、薄毛改善のために亜鉛サプリを摂取するとして、どのくらいの摂取量が必要なのだろうか。

答えは、「わからない」。

 

ただ言える事は、亜鉛不足にならないよう、意識して亜鉛を摂取するしかないのだ。

ちなみに、1日の亜鉛摂取量の推奨は、成人男性で10㎎~12mg/1日である。

だが実際には、7割程度しか摂取量がないと言われている。

 

亜鉛を多く含む食材で有名なのは牡蠣やナッツ、豚肉、チーズなどだ。

だが、意識してたくさん食べる事で肥満という別の問題が起きる

 

そもそも、普通の食事を1日3食摂っているだけでは亜鉛は不足気味だ。

加えて、インスタント食品が多い現在では、亜鉛不足はさらに進んでいる。

したがって、不足分は亜鉛サプリなので補うのが、カロリーの面でもおすすめだ

 

亜鉛は摂取し過ぎると副作用がある

 

注意点としては、亜鉛はビタミンなどと違い、

取り過ぎると副作用が起きる

 

副作用の主な症状としては、吐き気・倦怠感・下痢・消化管過敏症・免疫障害・HDLコレステロール減少などだ。

だが、あまり心配することはない。

最大に摂取したとしても、40㎎/1日が限界と言われている。

 

通常の食事で亜鉛を取り過ぎる事はほぼないし、牡蠣をたくさん食べて40㎎/1日の上限をオーバーしたとしても、1日や2日でどうこうなるものじゃない。

 

1日に100㎎の亜鉛を10年間、毎日食べ続けると副作用がひどくなった、という実験結果があるが、亜鉛サプリは取説通りに飲んでおけば全く問題ないのだ。

薄毛改善には亜鉛サプリだけでは解決しない

薄毛改善に亜鉛サプリは有効だが、じゃあ亜鉛サプリを毎日飲み続けるといいのかというとそうではない。

髪の毛を作る要因に亜鉛は必要なのは間違いないが、それだけじゃない。

他にも、ビタミンやミネラルなどもバランス良く必要なのだ。

決して亜鉛だけで髪の毛が作られているわけじゃない。

 

じゃあ亜鉛がなぜ薄毛改善と関連されるのかというと、日本人は亜鉛不足という事実があり、それが関連される要因だからである。

薄毛改善の亜鉛サプリでおすすめのモノはあるか?

亜鉛サプリ おすすめ

ある。

ただし、私が知る限りで多くの人が知っているブランドは1社だけだ。

 

実際、私もその会社のサプリしか購入していないし、亜鉛サプリもその会社のものをすでに7年以上愛飲している。

もちろん、どの会社のサプリを買うのか決めるのはあなた自身だし、私は決して

「これ一択で!」

とは言わないし、言えない。

 

私が知らない会社で、真面目にサプリを作っている会社が他にあるかもしれないから、たいそうな事は言えないのであしからず。

サプリメント大国アメリカとの違い

サプリメント大国アメリカなどは、健康保険が日本ほど十分に認知されていないため、サプリメントは人気だ。

それは未病という考えからくるもので、食事と一緒に大量のサプリを飲む人も多い。

一度病気になると、アメリカは大金がぶっ飛んでしまうからね。

アメリカ 病気 費用

だからアメリカでは、本当に意味のあるサプリでないと売れないし、インチキ商品を売っている会社は瞬殺される。

したがって、アメリカで売っているサプリには優秀なものが多いのだ。

だが、やはり我々は日本人。日本人に合ったサプリメントを飲みたいと思う人が多いだろう。

日本のサプリメント業界はイカれてる

だが、日本のサプリメント業界はお寒いかぎりだ。

ここだけの話、というか詳しい話をすると様々な方面からの嫌がらせなどがある可能性があり、あえて1社の商品だけをおすすめする。

 

というのが、日本のサプリメント業界は、ほぼ腐りきっているからだ。

明らかに成分がインチキなものや、表示通りの内容ではないもの、加熱されて成分が変化してしまい意味がないもの、そのようなクズ商品をバカ高い金額で売っているところが多すぎる。

鼻クソほどの有効成分しか入っていない、原価にして数百円であろうサプリを、有名人を使って大々的にCMを打ってボロ儲けしているような会社が多いのが日本のサプリ業界だ。

 

しかし、中には本当に真面目にサプリメントを作っている会社もある。

それがDHCという会社だ。

DHCはテレビ局も持っていて、そこでは通常は企業秘密であろう、他社の製品との成分比較や、原価の比較なども第三者を通じて検証し、おおっぴらに公開したりしている。

もちろん、信じる信じないはあなた次第であるが、何年もネットや書籍を調べあげて出した私なりの結論だ。

ほかにも2社ほど信頼できそうな企業はあるが、まだ研究不足なので紹介はできない。

ただ、DHCに関しては完全に信用できると理解している。

あくまでも、私個人の意見であることをお伝えしておく。

 

 

亜鉛サプリ フィナステリド ミノキシジル

フィナステリド(フィンペシア)・ミノキシジルタブレット・亜鉛サプリ


.

コメント